伽瑠磨の屋敷

比嘉中主将にハァハァしたりしなかったりするブログです。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
<< 自分(BlogPet) | main | ネウヤコ三昧 >>

魔人探偵脳噛ネウロ ネウロと弥子の美食三昧推理つき グルメ&ミステリー

タイトル長えよ(苦笑

今日、引取りに行ってきました。
まだプレイ途中ですが、感想を。

…ハッキリ言って、いまいちです。(苦笑
ジャンルは推理ゲーなんですが、まだ序盤だからかもしれないけど全く推理する所がない。
難易度が低すぎます。
もう少しプレイヤーに考えさせる部分が欲しかったですね…もしかしたら、終盤になるにつれて難易度上がるかもしれないんですが。

次に、システム。
推理ゲーと言えば、やっぱり真相を暴いた時のスッキリ感がポイントだと思うんですが、ぶっちゃけスッキリしません。(苦笑
あれも推理ゲームと言えるのかどうか微妙ですが、爽快感&真相に近付くまでのドキドキ感という点では、逆転裁判は最高に面白かったです。
が、このゲームではそれが全く感じられません…。
難易度で言えば、逆裁もミステリーとしてはそこまで難易度高くないんですが、なんなんだろうこのネウロのもっさり具合は。

次に、絵。
これは発売前からわかってたことだけど、アニメ絵準拠なのがちょっとなぁ…という感じです。
犯人の豹変するシーンも、ギャグなのかなんなのか、何だかなぁ…って感じでした(´▽`;)
ネウロアニメは賛否両論あったけど、BGMはすごい良かったからちょっと期待してたんですが、ゲームではあのクオリティの高さはなかったですね。(苦笑
まあ、スタッフ違うからなんだろうけどさ…。

続いて、ストーリー。
まだ2話なんですが、既に原作レイプしすぎててちょっと萎えた…。
まだプレイしてない方のために詳しくは説明しませんが、ネウロがとあるパスワードをあっさり解いてしまうシーンがあり、何だかなぁ…と思いました。
電人HAL編で、人間の細やかな感情を読むのは苦手だからと、弥子にパスワードを解かせたネウロがあっさりパスワード解いちゃうって、明らかにスタッフが原作読んでないとしか思えない。
原作ファンのために結構細かいサービスあるのは嬉しいけど、なんか肝心な所で作品が理解されてないのって一番やりきれない…。

まぁ、私はそもそも予約特典の子安さんのCD目当てで予約したようなもんなので、その時点で目的は達したと言えばそうなんですが。(苦笑

8月に別のレーベルからPS2版のゲームが出るそうなんですが…うーん、買わなくていいかな(苦笑

ちなみに、松井先生の予知能力、ゲームでも発揮されてます。(爆
とは言っても、ゲームのシナリオ自体には多分松井先生は関わっていないと思うんですが、余りにもタイムリーすぎるネタがありました(´▽`;)
ストーリー中に、どう考えても秋葉原をモデルにしたと思われる電気街が登場し、そこで事件が起こります。
更には、ネット上の掲示板に犯行直前に書き込みが行なわれていた、というシーンも出てきます。
余りにもタイムリーすぎて、もうこれはネウロの力としか思えなかったですね…。





秋葉原の事件ですが、犯人の身勝手すぎる殺人の動機にはとても憤りを感じました。
ニュースを見ていて、これほど怒りを感じ、理不尽な理由で殺されてしまった被害者の方達に胸が痛んだ事は、そうそうありません。
最後にこの場を借りて、この事件で命を落とされた被害者の方々へ、心よりご冥福をお祈りします。
ネウロ / comments(2) / - / 伽瑠磨 /

スポンサーサイト

- / - / - / スポンサードリンク /
Comment
はじめまして。
ネウロゲームで2話のパスについてですが、あれは単純にネウロが総当たりかハッキングしたのだと思います。
HAL戦は1度しか入力できないから弥子に任せざるを得なかったけど、ゲームのパスにはそういう制限掛かっていませんでしたから。
推理ゲームとしては仰るとおりダメダメですが、細かい掛け合い等はキャラゲームとしては及第点だと感じました。
では、お邪魔しました。
2008/06/14 9:47 PM, from
はじめまして。
コメントありがとうございます^^

なるほど。
確かにゲームでは回数制限もなかったし、ネウロが解いても問題ないといえばないですね。
キャラ同士の掛け合いも面白かったんですが、ゲームのオリジナルストーリーに歴代犯人達を結びつけてる所とか、色々受け付けなかったですね、私は…。
ゲームの世界は、完全に「外伝」として楽しむ事にします(苦笑
2008/06/15 11:33 PM, from 伽瑠磨